妻子持ちの方は離婚の危険性も頭に入れてから鶯谷のデリヘルを利用するべきだろう

不貞行為があれば離婚理由にはなります。不貞行為というのは、配偶者以外の異性との間に性的な関係を無ずぶことを指します。「性的な関係」はセックスそのもの、また性的類似行為になります。セックスとなればそのものズバリですので考え易いのですが、この「類似行為」というのは「どこからどこまで」の解釈が一般人には難しいものです。

判例は「セックスそのもの」を不貞行為としていますが、性風俗店は「性的なサービスを施すことを生業としている」業種です。セックスはしないけど、類似行為によって異性に性的な満足を与えている訳ですよね。一般女性と不倫の間柄か否かを判断する時には「オーラルセックス」などによって射精が伴えば類似行為とみなして不貞行為と認められる可能性が大になりますが、浮気をしている側が「オーラルセックスをして云々」とか「ちゃんとセックスをして」などということは早々ありません。

ホテルに入っている写真や前後の状況判断で「不貞行為が行われたであろう」と推測して裁判などでは判決が下されます。その点「風俗店」は、初めから「性的なサービスを行う」ということがお約束されているわけですから、「不貞を働いている」と判断しやすいものです。類似行為にしっかりと当てはまってしまうわけです。

これほど純然たるものもないのですから、風俗店に通っている側が有責配偶者となって離婚を付きつけられても致し方無いということになります。ただし一般女性と関係を持つよりは、不貞度合いは若干考慮されることでしょう。慰謝料の請求が認められる背景には違法性が確認できなければなりません。

不貞を働かれた側にしてみれば「店であろうと一般女性であろうと関係ない。心情的には許容出来ない。不貞行為という違法性があるじゃない!」と考えたとしても、一人の人と何度も関係を結ぶわけではなく、相手は「商売」として接客しているだけの風俗。

不貞度合い」には違いが発生してアタリマエです。慰謝料の金額にもそれは加味されることでしょう。また風俗嬢を訴えて慰謝料を請求するということは出来ません。結婚をすると性的な関係は配偶者と以外持ってはいけないというのが、法律の示すところのものです。

それが相手が一般人であれ商売として行なってくれたのであれ関係ないというのが見解のようです。よって、風俗通いでも離婚理由にされることはありますが、商売としていない相手と行うほうが不貞行為としては重たくなるのですから、慰謝料の金額も高くなると考えられます。

妻子持ちの方は離婚の危険性も頭に入れてから鶯谷のデリヘルを利用するべきだろう

不貞行為があれば離婚理由にはなります。


Copyright© 2015年12月16日 評判の良い鶯谷のデリヘルを利用すると何か変わるのか?
http://hvis2012.org All Rights Reserved.