鶯谷のデリヘルで本番をしてしまうことのリスクと考えられる罰則について

通常、性的なサービスを行う風俗のお店は、本番行為を禁じています。それでも気持ちが盛り上がって同意の上で本番行為に及ぶことは、ないことではありません。その時に妊娠させてしまったらどうすればいいのでしょうか。双方の合意の上で生本番(妊娠してもおかしくない状態でセックスをした)したときには、少なくとも「強姦罪」にはなりません。

しかし「生だししないでね」と言われたのにもかかわらず生だしをしたとなれば、妊娠の可能性は「生だしをしない」よりも格段に高くなります。もっと言えば、本番行為をした時点で「妊娠の可能性」は皆無ではありませんよね。ただし「極めて低い」ということは歴然としています。

「生だししてもいいよ」と言われたときには、ピルを飲んでいる、安全日であるといった、何らかの安心材料を相手が持っているのかもしれません。「なんで?妊娠しないの?」ということは訊いておかねばなりませんし、それでも生だしをしないというのがルールでしょう。

そのようなスッタモンダがあってもし「妊娠した」と告げられた場合には、どのように対応するのが一番良いのかといえば、「心あたりがあるなら、病院の受診にかかるお金や処置にかかるお金の半額は負担する。」というのが、オトナの対応です。相手が風俗嬢ですから「自分の種じゃないかもしれない」という疑いは残ります。

はっきりと「自分の子どもなのか」ということを確かめる必要はあります。とは言え、妊娠がはっきりしていて、なおかつ相手が実費の半額負担ぐらいしか要求していない「半額ほどは負担する気持ち」がると、スムーズに解決するはずです。しっかりと中絶したという証拠も求めましょう。

それが「産みたい」「養育費が欲しい」「慰謝料が欲しい」となると、話は別です。弁護士以外の第三者が介入してきた場合にも、注意が必要です。恐喝される可能性があります。そういった場合にも備え、「妊娠した」と言われた時点で、弁護士などの専門家に相談を行うというのが得策です。

初期対応としては「心当たりがあれば半額は負担する心づもり」で充分です。しかしそこから更に過剰な要求をされた場合には、毅然とした態度を見せるということでいいのではないでしょうか。性病のこともありますので、風俗で楽しく遊ぶためには、本番するしないに限らず「コンドームの装着」が不可欠です。

コンドームは妊娠の可能性を大きく低減させますし、性病に感染するのも防ぎます。100%ではありませんが、少なくとも「生だし」のように無防備ではありません。

鶯谷のデリヘルで本番をしてしまうことのリスクと考えられる罰則について

通常、性的なサービスを行う風俗のお店は、本番行為を禁じています。


Copyright© 2015年12月18日 評判の良い鶯谷のデリヘルを利用すると何か変わるのか?
http://hvis2012.org All Rights Reserved.